用語解説

【なめし】

タンニン

植物に含まれる渋でなめされている革。
一般に堅牢で摩耗に強く、のびが小さい。
エージングによる色の変化を楽しめる、 製品にして使用するうちに育っていく革です。

クロム

化学物質の三価クロムを使用してなめした革。
柔軟性に富み、耐熱性があるとともに比較的軽い革になります。
多様な加工が可能で、使用頻度の多い革でもあります。

タンニン・クロム

タンニンなめしをベースにクロムを併用したなめし。
タンニン特有のコシとクロムなめしの柔軟性を持ち合わせた革。

クロム・タンニン

クロムなめしをベースにし、タンニンを併用したなめし。
クロムなめしで不足しがちな革のふくらみや弾力性が増します。

その他

オイルなめし、ジルコニウムなめし、合成タンニンなめし等。

【加工】

スムース

比較的シボ立ちの少ない平滑な革。

シュリンク・シボ革

表面にシボ(凹凸)のある革。

オイル調

なめしまたは仕上げ等でオイルを含ませた革。

ヌバック

革の表面(吟面)をバフィングして起毛させた革。

スエード

吟面の裏をバフィングして起毛させた革。

アンティーク調

仕上げ染色または革質によってムラ感などを付し時代のたった雰囲気を表現した革。

型押し

模様を彫りこんだ鉄板を高温で押し付け、型を入れた革。

箔押し

金、銀、色ものの箔を付した革。

エナメル

主に透明の塗膜を厚く塗布し、光沢をもたせた革。

パール

光沢のある細かい粒子を表面に吹き付けてある革。

フィルム加工

多用な色柄のフィルムを表面に貼りあわせた革。

プリント

染料や顔料で表面に柄をつけた革。

その他

シボリ革、パンチング、ハラコ、毛皮 等。